ブログ

長野市でフローリング張替えを行う前に、上張り工法を選ぶ際に気を付けたい事

長野市でフローリング張替えを行う前に、上張り工法を選ぶ際に気を付けたい事

フローリングの上張り工法はお住まいの床を簡単にフローリング化出来るリフォーム工事方法です。
既存の床はそのままにフローリングを上に敷いていくので古い床のはがし工事が必要ありません。
はがし工事をしないのでコストが安く、工事期間も短期間なので負担が少ないのが大きなメリットです。
フローリングの上張り工法を行う場合、注意しなければいけないのが床の段差対策です。

既存の床はそのままに上張り工法でフローリング工事を行うと敷き詰めた床材の厚み分だけ床面全体の高さが上がってしまい、手を加えていない床との間に段差が生じてしまいます。
段差はフローリングの厚みによって変わりますが、少ない段差でも生活する上ではかなり気になります。
歩きにくさはもちろんですが、クローゼットなど床面ぎりぎりの高さで設計されている扉が段差のせいで開かなくなってしまう危険性があるので軽く考えてはいけません。

部屋の構造によっては段差の影響を考えると上張り工法が使えない可能性もあるので慎重な事前調査が必要です。
古い住宅で気になるのが床鳴りやきしみです。

強度や耐久性に影響はないと言ってもできれば床鳴りやきしみは解消したいところですが、フローリングの上張り工法では床鳴りやきしみが直らない可能性があります。
床鳴りやきしみは上面の床材が原因の場合と土台や下地が原因の場合の2種類があります。床材が原因の場合は上張り工法で改善される可能性がありますが、土台や下地に原因がある場合はリフォームしたとしても床鳴りやきしみは改善されません。床鳴りやきしみの原因の大半は土台や下地に由来しています。改善したいなら上張り工法だけでは不十分で土台や下地にまできちんと手を入れる必要があります。 床の種類によっては上張り工法ができないことがあります。床暖房が入っている部屋は上張り工法でのリフォームが不可能です。床暖房が入っているとフローリングだけを張り替えることができず、床暖房システムを含めてまるごとリフォームする必要があるため上張り工法では対応できません。 マンションに見られる防音床も上張り工法の対象外です。床の防音性能を確保するにはLL45等級以上の床材の使用が必須ですが、上張り用の床材としては出回っておらず施工が不可能です。

関連記事

ページ上部へ戻る