フローリング上張りリフォーム

フローリング上張りリフォーム

フローリング上張り工法とは

フローリング重ね張り・上張り・増張り工法フローリングの上張りは、その字の通り既存のフローリングの上から新たに薄いフローリングを張っていく工法です。
一般的なフローリングを使うのではなく上張り専用のフローリングを使います。

重ね張り工法や、増張り工法、レイヤー工法とも呼ばれています。

この上張り工法が一般的に知られるようになり、床リフォームの際に選択される方が増えています。
薄ければ薄いほど重くないので、既存の床下地への負担が少ないです。

フローリング上張り費用の価格目安について

長野市フローリング上張りの価格についてフローリング張替えと同様、施工手間については、経験が特に少ない場合を除いてはそれ程変わりません。
どんな上張り材を使うかで、価格が左右されることの方が多いです。
また、マージンが発生する会社であれば、余分な費用が掛かってしまいます。

市場価格は6畳の部屋で8万~13万円程度ですが、弊社では6万円~12万円程度です。
フローリング1級技能士の床専門職人が直接施工を手掛けることで、この価格帯が実現しています。
フローリング下地~フローリング張りなどフローリングリフォームに対する知識も深いので安心です。

安いだけではないフローリング上張りの魅力

長野市フローリングリフォーム上張り工事フローリング張替えと比べ約1/3~1/2という”低価格帯”が実現するのが、この上張り工法です。
既存の床を剥がす手間や、剥がした後の下地処理、撤去産廃費などが掛からないことで出来る価格です。

この上張り材、本物の無垢を薄くスライスさせたタイプの物や、表面に木目調のシートを張付けてある複合タイプの物などがあります。
上張り材によっては本物の木のような風合いに仕上げられたものがあります。

例えば浮造り仕上げ調、自然な色ムラや木目の微妙な凹凸を再現しています。

一昔前のフローリングの時代、安さを求めれば、明らかに偽物だと分かる様な仕上がりでした。
しかし、今の上張り材には品質さえ感じることが出来ます。
見ただけでは、一般的なフローリングとの違いを感じとることはできないでしょう。

安いからと言って決して侮ることができないのです。

お客さまには、低予算を実現したことで、室内の他の箇所にもリフォーム費用を掛けることができると喜びの声をいただいています。
壁紙クロスと合わせて施工したとしても6畳で約12万円です。
フローリングの張替えのみの6畳約13万円より安いから驚きです。

フローリング上張りの材料について

長野市フローリング上張り材料についてフローリングの上張り材に使われる材料は、一般的なフローリングとは違います。
上張りで使用するため、薄く軽く作られています。
一般的なフローリングはその厚みで、強度と耐荷重をだしていますが、上張りの場合には下地となる既存フローリングがその役目を果たしてくれます。

そのため、既存下地の状態が大切になります。
材質は3種類ほどあります。
性能も違います。
どんな上張りフローリングの材質があるのご紹介します。

MDF系上張り用フローリング

長野市MDFフローリング張替えMDFは、繊維状にした木材を、接着剤で固め成型した材料です。
分かりやすく言えば、おがくずのような物を接着剤でプレスしたものです。

このMDFを基材にして表面には天然木や樹脂フィルムが貼られます。

本物の木ような質感ですが、傷が付きやすい材料もあります。
また、MDFは吸水性が高い特徴があります。
そのため水まわりには適していません。
リフォームする場所や、状況に応じて上張り材を選ぶ必要があります。

塩ビ系上張り用フローリング

長野市サンゲツフロアタイル張替え塩ビ系のフローリングは、基本的に木材とは異なります。
塩化ビニル樹脂製でクッション性があります。
リアルに木を表現したものなどがあります。
表面がビニルなので水に強いだけでな汚れや油などにも強く、汚れが付いたとしても落としやすいです。
そのため水まわりに適しています。
脱衣所や洗面所やトイレ、キッチンなどに多く採用されています。
その柔らかさから遮音性、衝撃吸収性を兼ね備えます。

WPB系上張り用フローリング

長野市WPBパナソニックフローリング上張り工事WPBとはリサイクルされた樹脂と木粉を原材料として、薄いシート状に加工した材料です。

木質系プラスチックボードと呼ばれています。

厚みはわずか1.5mmと薄く、へこみやすり傷に強い素材です。
その薄さからサッシやドアとの取り合いに強く、バリアフリーの以外の住宅であれば、例外を除いて問題なく張っていくことができます。
サッシの枠に突き付けで仕上げても段差ができにくいです。

ドア下のすき間が少ない場合でも対応できます。

また、凹みや擦り傷、汚れにも水にも強くキッチンや洗面所、トイレなどの水まわりに最適です。

ただ、既存の床に不陸があったり、波打ちがあるような場合には施工ができません。

そのまま施工してしまうと、下地の影響を受け反りなどが発生します。

フローリング上張りのメリット・デメリット

メリット

長野市フローリング施工期間短い既存フローリングと異なる、樹種や模様が選べるので簡単にイメージチェンジが可能です。

新築から数十年経過すると黒ずみや汚れ剥がれなどが起こり、部屋全体を暗いイメージにさせます。
上張り工法は最短1日で、部屋全体のイメージを明るい印象にすることができます。

そのスピード施工は、他のフローリングリフォームと比べても群を抜いており、自宅に住みながらでも工事が可能です。
また、コストも掛かりません。

通常の張替えでは全ての床を一度剥がし撤去してから、下地調整後に新しいフローリング材を貼っていくため手間も時間もかかります。
一方の上貼りという方法は現在の床面の上に新しいフローリング材を貼っていく方法です。
そのため手間と時間、コストも削減できますし、何より廃材がでません。

デメリット

フローリングの張替え時に気を付けたい段差について長野市多くのメリットがある上張り工法ですが、デメリットも抑えておきましょう。
フローリングを新たに上張りするため、既存の状態に影響を受けます。
張ったフローリングの分だけ、床がわずかに高くなります。

上張り用のフローリングは、一般的なフローリングと違い薄く作られています。
通常のフローリングの厚みは12~15mmですが、上張りフローリングの厚みは1.5mm~6mm程度です。

元々ドアと床に段差があれば問題ありませんが、バリアフリーであったり、段差が少ない床であれば、扉の開閉ができなくなる恐れがあります。
その場合はドアを外し、カットすることで対処可能です。

また、既存のフローリングを剥がさないので、床下地の状態までは確認できません。
万が一、下地部分に腐食やシロアリが発生していても、対処できないのもデメリットになります。

床の状態によっては、修理や補修が必要となります。
劣化が広範囲であればフローリングの上張りできない可能性があります。
下地が悪いと影響を受けるということを理解した上で、まずは専門家にしっかりと観てもらい相談してみましょう。

また、フローリングの上張りは、基本的にフローリングのみに可能な工事方法です。
マンションで多く見られる、カーペットからフローリングへの変更をしたい場合では選ぶことができません。

フローリング上張りリフォームの際の注意点

段差対策を行う

長野市上張り施工ドアなどの段差に注意和室や洋室一部屋であれば、特に問題がありませんが、部屋全体を行うとなると段差対策は必須です。
古い住まいほど、敷居と段差があるのですが、10数年前の建物となると、ほとんど段差が設けられていません。

床の高さが変わることで、ドアが開かなくなったり、家具が使いづらくなったりキッチン台が低く感じられ作業がしにくくなることがあります。
また、つまずきやすくなることもあります。
既存の床の状態から、上張り材を選んでください。


段差が無い場合には、段差を解消する方法があります。
段差解消部材を使うか、床そのものを削ります。
段差がほんの数mm以内の場合は、既存のフローリング材を工具を使って削り出し、なだらかな傾斜を作ってから新しいフローリング材を張ることで、段差を解消する方法もあります。

下地の状況を確認する

長野市床下地の確認下地にきしみや沈みが見受けられる場合には、床の下地に原因があります。
そのまま、上張りをしても下地の不具合が治まる訳ではありません。
一度下地を確認し、補強などを行う必要があります。

家具や電化製品などの移動について

長野市フローリング上張り工事の家具移動についてフローリング上張り工法の場合、施工性にも優れているため早く張ることができます。
また、施工時には材料の動きがないように行うことで家具を移動しながらの施工が可能となります。
ただ、物の量が多いと仕上がりに影響がないとも言えません。
その辺りは、工事を依頼する業者にご相談下さい。

ページ上部へ戻る