フローリング汚れ黒ずみの補修

フローリング黒ずみの除去

フローリングが黒ずむ理由

長野市フローリング黒ずみ除去作業フローリングの悩みで良く”黒ずんだ床を何とかしてほしい”とのご相談があります。
一概に黒ずみといっても、フローリングに染み込んでしまっているケースや、表面に汚れが付着して落とせなくなっているケースなど様々です。

基本的に新築時のフローリングにはフィルム加工や現場塗装によって汚れ防止機能が付け加えられています。

ただ、その加工も人の歩行や、紫外線などによって次第に失われていきます。
フローリングがダメージを受けることで汚れが付きやすくなるのです。
そのため、古くなった床に見受けられることが多いです。

主な黒ずみの原因として油汚れによるもの、水分によるものに分けることができます。
どんな風に黒ずむのか見ることで、何が原因か特定できます。

油汚れによる黒ずみ

長野市フローリング黒ずみ油汚れ油汚れは、人間の汗や皮脂が付くことで黒ずんでいきます。
特によく歩く場所は変色しやすいです。

油汚れの原因は他にもあります。
お手入れの際のワックスです。
フローリングを保護するためにワックスを塗布しますが、説明書通りに行われなければなりません。
数回塗り重ねた後には、一度ワックスを取り除く作業が必要になります。
塗り重ねが多いとワックスが厚くなり汚れが目立つようになるからです。
メンテナンスフリーの床はワックスは必要ありません。
塗布する事で汚いフローリングになってしまいます。

水分による黒ずみ

長野市フローリング黒ずみ状況次に水分による黒ずみです。
水分による黒ずみは、水やジュースなどの飲み物や、植木鉢の栄養剤、雨水などがフローリングに染み込んでしまうことで起こります。
窓に近い部分では、内と外の寒暖の差が生じているときに生じる結露によって湿った状態になることもあります。
フローリングは木材ですから水分に弱く、時として腐食やカビなどを引き起こします。

先ほどの水分ですが、気づかずに放置してしまうと、目地から浸透して変色してしまいます。
特に、アルカリや酸などのpHになればなるほど、浸透が早く手遅れになってしまいます。

フローリングの上で使わない方が良い日用品や、薬品などを知っておきましょう。
また、水気が確認できた時には直ぐに拭き取りましょう。
湿度や天気など結露が発生するタイミングなども分かっておけば、事前に対策することもできます。

フローリング黒ずみの解決方法

長野市フローリング研磨再生状況フローリングの種類や黒ずんだ原因により解決方法は異なります。
ワックスが原因だった場合には、剥離作業を何らかの水分が原因だった場合にはリペアかフローリング研磨できれいにできます。
ただ、内部にまで染み込んでしまった状態では張替えなどが必要になることもあります。
それでは、作業について見ていきましょう。

ワックス剥離

長野市ワックス剥離工事フローリングのワックス剥離は、フローリングに塗ったワックスを剥がす作業のことです。
ワックスが薄い場合には、確認しにくいですが、実は汚れも含んでいます。
重ね過ぎてしまうことで光沢が出なくなったり黒ずみます。
原因が、ワックスであれば剥離作業で黒ずみを取り除くことができます。

リペア補修

長野市黒ずみ補修リペア再生作業フローリングにまで染み込んでしまっている黒ずみであれば、直すためにはリペアか張替えが必要です。
複合フローリングで表面がシート加工されているものであればリぺアによる補修がおすすめです。
表面加工によりリペアで使う材料が違います。
また、黒ずみの大きさや状態によって要す時間が変わってきます。
依頼する業者に、写真などで確認しましょう。

フローリング研磨

長野市フローリング黒ずみ床研磨再生無垢フローリングや、複合フローリングの表面にスライス単板などが使われている場合のリフォーム方法です。
既存の床をコンマ数ミリ削り出すことで、白木の状態に戻すことができます。
その後、仕上げコーティングを施します。
作業としては、表面を削り出す研磨作業とコーティングが複数回必要となるため工期とコスト共に掛かります。
部分的に黒ずみを落とすというよりは、補修に伴いフローリングリフォームまでを行うという観点で考えた方がよいでしょう。

ページ上部へ戻る