マンションのフローリングリフォーム

マンション床のリフォーム

長野市マンションのフローリング張替えリフォームについてマンションのリフォームの中でご依頼が多いのが、フローリング工事です。
ただ、戸建て住宅と違う性能が求められることや、マンションによって制約があることを知っておけなければなりません。
例えば、一昔前に主流であったカーペットからフローリングにリフォームする際に、注意点があります。

また、床構造が数種あるため、それに適した床リフォームを行う必要があります。
弊社では、マンションのフローリング工事もリフォームだけでなく新築から携わっているため、知識・経験共に豊富です。
マンションの床リフォームでご不明な点があればお気軽にご相談ください。

マンション床張替えで必要な防音対策

マンションに求められる性能遮音リフォームマンションの床に求められる性能、それは遮音です。
多くの住人が住むマンションでは如何に音を軽減するかが考えられています。
フローリングは樹種の美しさ、掃除のしやすさなどが魅力ですが、衝撃音が階下に響きやすい特徴があります。
リフォームする際には、音を響かせない対策が必要になります。

遮音性能は既存床の構造によって異なりますが、フローリングからフローリングに張替えるリフォームでも、カーペットからフローリングにするリフォームでも、畳からフローリングにするリフォームでもマンションであれば、音に対して一定の基準を満たさなければなりません。
マンションのフローリングリフォームにおいて、遮音対策は重要なテーマです。

マンションの床リフォームで気をつけること

1.フローリング材の選び方

長野市マンションフローリングリフォーム張替え遮音対策が必要不可欠なマンションの床張替えにおいて、フローリング材の選び方を誤ってはいけません。
また既存の構造に影響を受けるため、リフォームの仕方も適した方法で行う必要があります。

例えば、無垢材の場合、防音性能を認められていません。
もし無垢材を使いたいのであれば遮音対策を施す必要があります。

2.マンションによってリフォームの制約がある

長野市マンションリフォームにおける管理規約一概にマンションにといっても、全ての条件が同じなわけではありません。
地域が違えば、構造も違います。また、
そんなマンションですが、お互いが気持ち良く住めるように規範やルールがあります。
住人共同の利益を守り、良好な住環境を確保することが目的です。
一般的には管理規約が定められています。

この管理規約はマンションによって内容が異なります。
リフォームを行う際には規約内容を確認する必要があります。

通常「専有部分の修繕等」という条文があり、注意事項等が記載されています。

床のリフォームをする場合には、管理組合に変更の申請、許可が必要になるケースがあります。

弊社では、マンションのフローリングリフォームにおいて、遮音、上張り、床下地、滑り止めなど様々な工法に対応しています。
また、フローリングの傷補修や滑り止め工法なども行っています。
お気軽にご相談ください。

マンションのフローリングリフォームについて

マンションフローリング張替えリフォーム工事新築のマンションの床工事及びマンションのフローリングリフォームまで数多くの実績を持つ弊社では、お客さまのご要望に寄り添ったご提案もしています。

価格を抑えたい、今ある無垢材を活かしたいなど様々な想いがあるのではないでしょうか?
フローリングのことなら床施工のプロである弊社スタッフにお気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ戻る