介護用のフローリングリフォーム

介護用のフローリングリフォーム

長野市高齢者に安全な床へリフォーム高齢になるとことで、体全体の機能が衰えてきます。

筋力が低下したり、運動神経の伝達速度が低下するなど、思うように動けなくなります。
そうなってからリフォームするのでは大変です。
身体が不自由になってしまうと、早急なリフォームを行う必要がありますし、打ち合わせや、荷物の移動など様々な問題が出てきます。
事前に大まかなリフォームを行い、後々、小さなリフォームにすることで対応しやすくなります。

安全を建物側で補うには、手すり設置や段差の解消、クッション性のある床材の採用などがあります。
弊社ではクッション性のある床材だけでなく、滑らないグリップ加工もご提案しています。

高齢者に安全な床材とは

高齢者に安全な床にリフォーム高齢者安全な床とは、どんな床なのでしょうか?

段差がなく滑りにくい、そして例え転倒してしまったとしても柔らかく守ってくれる床になります。
そして転倒してしまった時のために、衝撃吸収性能がある床が理想です。

万が一転倒しても衝撃吸収性が高ければ痛みや衝撃を軽減することができます。

段差への対策については、手すりの設置・スロープの設置・バリアリフォームを行うことで解消できます。

介護リフォーム補助金の申請について

長野市介護リフォーム助成金・補助金大きく2つの助成金制度があります。
ひとつは介護保険の「高齢者住宅改修費用助成制度」を利用するもので、20万円を限度として工事費用の9割(所得により8割)を助成金でまかなうことできます。 

もうひとつは、各市町村で独自に定められた助成金制度です。 
(こちらに関しては、弊社で確認することができますのでお気軽にご相談ください。)

介護用フローリングを採用する時に押さえておきたい3つのこと

滑りにくい床材を選ぶ

長野市床段差解消リフォーム残念ですが高齢になるほど足腰が弱りやすくなります。
比例して自宅での転倒事故の件数が増えています。

体力や筋力など身体機能の低下によってすり足で歩きがちな高齢者は、たとえ滑らないようにカーペットを敷いていたとしても、その裾に引っかかって転んでしまうことも少なくありません。
また床とカーペットのちょっとした段差でも、転んでしまいます。

高齢者が躓きやすい段差は認識しづらい1~2cm程度であるといわれています。
段差のない床、滑りにくい床材への変更は介護リフォームの中でも重要で、助成金制度の対象になっています。

床をバリアフリーにするのは大変だとお考えかもしれませんが、床下地材によっては、工期短縮・コスト削減を実現できるものがあります。
弊社では床下地~滑らない床材までご用意しています。

メンテナンスしやすい床

長野市フローリングベッド車椅子対応車椅子や介護ベット使用によって、既存の床に今までなかった荷重が掛かります。
荷重に耐えられなくなった床は反りや割れを引き起こします。

またキズなどが発生することで、床の劣化が早まります。
一般的な床材よりも、耐久性の高い床材を選ぶ必要があります。

床の動線も考える

長野市廊下介護用手すり設置床を張替えるといっても、部屋やリビングだけでなく、廊下や脱衣所、トイレ、玄関、浴室なども見直す必要があります。
生活上使う場所は、特に段差の解消や滑り止めが求められます。

まとめてリフォームすることで、コスト削減や工期の短縮が可能になります。
ますはお気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る