お部屋をリフレッシュ!バンブーフローリングの魅力と選ぶ際のポイント

お部屋をリフレッシュ!バンブーフローリングの魅力と選ぶ際のポイント

バンブーフローリングは、最近人気が高まっている床材の一つです。竹を素材としたこのフローリングは、環境に優しく、耐久性に優れ、美しい外観を持つことから、多くの家庭や商業施設で採用されています。本記事では、バンブーフローリングの魅力や選び方、メンテナンス方法について詳しく解説します。
バンブーフローリングを自宅でも採用したいと考える人が近年増加しているワケを一緒に探っていきましょう。

バンブーフローリングの魅力

バンブーフローリングは、環境に優しく、おしゃれで、長持ちする最高の選択肢です。
日本の建築では古くから竹が使用されています。そのため昔ながらの風情ある和のイメージもありますが、東京ミッドタウンなどのおしゃれな商業施設でも多く採用されており、洗練されたモダンなイメージを持つ方も多いかと思います。竹はしなやかで直線的な美しさがあり、内装に用いれば清々しい空間になります。夏は涼しく冬はあたたかいので、心地よく快適に過ごすことができ、独特の趣があります。

なぜバンブーフローリングは選ばれる?

なぜバンブーフローリングは選ばれる?

参考:ボード株式会社

竹は持続可能な素材

竹は非常に速く成長する植物です。普通の木が成長するのに数十年かかるのに対して、竹は数年で収穫できる大きさになります。一度収穫してもすぐに再生するので、竹を使うことで森林資源の枯渇を防ぎ、環境への負担を減らすことができます。

短期間で成長するため、資源の枯渇を防ぐ

竹は1日に最大90cmも成長します。約5年でフローリングに使える大きさになります。一方、広葉樹などの木材は成長に20年から50年かかります。この速い成長速度のおかげで、竹は伐採後の再生が早く、持続可能な資源管理が可能です。

耐久性

バンブーフローリングは、硬さや耐久性でも他のフローリング材に負けません。例えば、メープルやオークといった硬い木材に匹敵する強度を持ち、傷や摩耗に強いのが特徴です。

バンブーフローリングのメリット

耐久性が高い

バンブーフローリングは、その硬度や耐久性において優れています。竹は木材よりも硬く、傷や凹みが付きにくいため、長期間美しい状態を保ちます。特に、子供やペットのいる家庭では、バンブーフローリングの耐久性が重要な要素となります。

環境にやさしい素材

竹は迅速に成長し、再生可能な素材であるため、環境への負荷が少ないとされています。伐採後の再生が速く、森林資源の枯渇を防ぎます。また、竹の栽培には化学肥料や農薬の使用が少ないため、地球環境にもやさしい選択肢です。

寸法安定性に優れている

竹は縮みにくく、膨張も歪みも少なく何年たっても使えることから、ものさし(定規)として使われているのはおなじみですね。他にも建材や工芸品など幅広い用途に活用されています。

リラックス効果

竹の独特な香りで気持ちいいと感じたことはありませんか?竹に含まれる「テルペン」という芳香物質には精神を安定させる効果があると言われています。

抗菌作用・消臭効果

竹は抗菌、鮮度保持能力に優れています。消臭効果も竹炭などでよく知られています。

「竹細工の職人は水虫にかからない」と言われています。竹の含有成分の中に白癬菌(水虫)に対する物質があるためです。

デザイン・質感が豊富

バンブーフローリングには、さまざまな色や質感のオプションがあります。ナチュラルな木目調から、モダンでスタイリッシュなデザインまで、お好みやインテリアに合わせて選ぶことができます。そのため、バンブーフローリングは様々なスタイルの部屋に適しています。

まっすぐな木目

まっすぐですっきりとした木目が美しく、オイル塗装をすると使い込むほどに飴色に変化、光沢が出て、味が出ます。

バンブーフローリングのデメリット

水回りには不向き

バンブーフローリングは、水に弱い素材です。水の浸入によって膨らんだり、変形したりすることがあります。そのため、浴室やキッチンなどの水回りには向いていません。水のかかる場所には、適切な防水処理が必要です。

補修が困難

キズがつきにくい床材ではありますが、キズが生じた際には補修することになるでしょう。ただし、バンブーフローリングは木のフローリングのように削ったり再塗装できるわけではないので、補修は難しいです。

価格が高い

木材と比較すると、竹材は高価です。ただ、素材の頑丈さや耐久性の高さを考慮すると、長い目で見た場合には変わらないかもしれません。

経年による変色

竹のフローリングは木製のフローリングと違い、ワックスをかけません。そのため年月が経つにつれ床が濃い色に変わっていく可能性があります。変色はしていくものなので、一概にデメリットとは言えませんが、バンブーフローリングを使う場合には頭の片隅に入れておいてください。

ポイント

バンブーフローリングの選び方

バンブーフローリングを選ぶ際には、以下のポイントに注意してください。

  1. 品質の確認
    フローリングの品質は製造工程や素材の選定によって異なります。信頼できるメーカーから購入し、品質保証がある製品を選びましょう。
  2. デザインの選択
    バンブーフローリングには様々な色や模様があります。部屋のインテリアに合ったデザインを選ぶことで、統一感のある空間を作り出せます。

メンテナンス

  1. 定期的な掃除
    バンブーフローリングは特別なお手入れはいりません。メンテナンスは掃除機やほうきでホコリを取り除き、柔らかい布で拭き上げることで、フローリングを清潔に保つことができます。ワックスも不要です。
  2. 湿気の管理
    適度な湿度を保つことが重要です。過度な湿気を避けるため、必要に応じて除湿機を使用しましょう。
  3. 傷の防止
    家具の脚にフェルトを貼るなどして、フローリングが傷つかないように工夫します。また、重い物を引きずらないように注意しましょう。

床暖房との相性について

バンブーフローリングは床暖房との相性が良いとされています。竹の素材は熱に強く、床暖房によって快適な温かさを保つことができます。ただし、適切な温度管理や床下の状態確認が重要です。

バンブーフローリングのサイズ・カラーについて

サイズの選び方

バンブーフローリングのサイズは、部屋の広さやデザインに合わせて選ぶことが重要です。一般的なサイズは、幅が約9cmから15cm、長さが約90cmから180cm程度です。部屋の広さや配置に応じて、適切なサイズを選ぶことで、スペース全体にバランスの良い雰囲気を作り出すことができます。

カラーの種類と特徴

カラーの種類と特徴

 

参考:ボード株式会社

バンブーフローリングのカラーは、ナチュラルな色味からダークトーンまでさまざまです。明るい色は部屋を広く明るく見せ、モダンな印象を与えます。一方、ダークトーンは落ち着いた雰囲気を演出し、高級感を引き立てます。部屋のコンセプトや雰囲気に合わせて、お好みのカラーを選ぶことができます。

バンブーフローリングと他のフローリング材料の比較

無垢フローリングとの違い

バンブーフローリングは、無垢フローリングと比較していくつかの違いがあります。竹は木材よりも硬く、傷や凹みが付きにくいため、耐久性に優れています。また、竹は再生可能な素材であり、環境にやさしいという利点もあります。一方、無垢フローリングは木材そのものを使用しており、個々の木目や風合いが楽しめる特徴があります。

竹フローリングと木製フローリングの違い

竹フローリングと木製フローリングを比較すると、素材や特性に違いがあります。竹は木材よりも硬度が高く、耐久性に優れています。また、環境にやさしい素材であるため、持続可能なインテリアを実現することができます。一方、木製フローリングは木材そのものを使用しており、ナチュラルな風合いや温かみが特徴です。

バンブーフローリングとカーペットの比較

バンブーフローリングとカーペットを比較すると、それぞれ異なる特徴があります。バンブーフローリングは硬度が高く、傷や汚れが付きにくいため、清潔な室内環境を保つことができます。また、メンテナンスも比較的簡単であり、定期的な清掃で美しい状態を維持することができます。一方、カーペットは柔らかい素材であり、足触りや断熱性に優れていますが、汚れやホコリが付着しやすく、清掃が難しいという欠点があります。

バンブーフローリングの特徴を活かすインテリア提案

バンブーフローリングの特徴を活かすインテリア提案

ナチュラルテイストのインテリア

バンブーフローリングのナチュラルな風合いを活かしたインテリアを提案します。明るい色味のフローリングと自然素材の家具を組み合わせ、開放感あふれる空間を演出します。ナチュラルな植物や木製の小物を取り入れることで、心地よいリラックス空間を実現することができます。

バンブーフローリングと相性の良い家具・雑貨

バンブーフローリングと相性の良い家具・雑貨を提案します。バンブーフローリングのナチュラルな風合いと相性の良い家具や雑貨を選ぶことで、空間全体に統一感をもたせることができます。木製の家具やラタン製のアイテム、ナチュラルカラーのクッションやカーテンなどを取り入れることで、心地よい居心地の良い空間を演出することができます。また、照明や観葉植物などのアクセサリーを工夫することで、バランスの取れたインテリアを実現することができます。

お客さまの声

実際の使用例とお客さまの声

多くのユーザーがバンブーフローリングの美しさと耐久性に満足しています。 例えば、あるご家庭では、子供たちが毎日走り回っても傷がつかず、美しい状態を保っているとのお客さまの声があります。また、バンブーフローリングを使用することで、室内の湿度が適度に保たれるといった効果も報告されています。

専門家の意見

インテリアデザインの専門家も、バンブーフローリングを高く評価しています。竹は持続可能な資源として非常に優れており、その利用は今後ますます増加するだろうと予測されています。また、耐久性と美観を兼ね備えたフローリング材としても高く評価されています。

環境への影響に関する統計

所説ありますが、研究によれば、竹は木材に比べて二酸化炭素の吸収量が高く、酸素の放出量も多いとされています。

まとめ

バンブーフローリングは、その美しさと耐久性、そして環境への優しさから、非常に魅力的な選択肢です。持続可能な資源としての竹の特性を活かし、フローリング材としての優れた性能を発揮します。これらの利点を理解し、適切な選び方やメンテナンス方法を知ることで、長期間にわたって美しいフローリングを楽しむことができます。

初心者でも簡単に取り入れられるポイントやメンテナンスの方法を参考に、ぜひあなたのお家でもバンブーフローリングを取り入れてみてください。

関連記事

  1. フローリングの木目や年輪について

    年輪の茶色い部分と白い部分は何で起きる?木材の心材と辺材の違いについて

  2. 長野無垢アパートフローリング張り施工

    【施工事例】マンション床のフローリングリフォーム

  3. 内装の床や壁を選ぶ際には何を基準にすればよいのか?デザインや機能性を確認しよう

    床材やフローリングを選ぶ際には、性能とデザイン2つの視点で考えよう

  4. フロアサンディングの施行事例

    【施工事例】本来の地肌感と優しくきめ細やかな木目が蘇る!無垢単板の階段観客席をフロアサンディングにて美しく再生

  5. フローリング選び方に迷ったら?実用的なアドバイス

    フローリング選び方に迷ったら?実用的なアドバイス

  6. お子様のイタズラも心配なし!フローリングに付いた油性ペンの完璧な落とし方

    お子様のイタズラも心配なし!フローリングに付いた油性ペンの完璧な落とし方

  1. 今日からできる!フローリング掃除の超簡単な裏ワザ5選

    今日からできる!フローリング掃除の超簡単な裏ワザ5選

  2. 梅雨でも安心!床の結露を防ぐためのフローリング対策方法

    梅雨でも安心!床の結露を防ぐためのフローリング対策方法

  3. お子様のイタズラも心配なし!フローリングに付いた油性ペンの完璧な落とし方

    お子様のイタズラも心配なし!フローリングに付いた油性ペンの完璧…

  4. フローリングのささくれを簡単に補修する方法

    フローリングのささくれを簡単に補修する方法

  5. フローリングが夏をもっと涼しく!快適に過ごすための5つのコツ

    フローリングが夏をもっと涼しく!快適に過ごすための5つのコツ

  1. フロアサンディングの施行事例

    【施工事例】本来の地肌感と優しくきめ細やかな木目が蘇る!無垢単…

  2. 無垢材床フロアサンディング工事

    【施工事例】ショールームの無垢材リフォームを例にサンディング工…

  3. 【施工事例】無垢フローリング施工

  4. 長野無垢アパートフローリング張り施工

    【施工事例】マンション床のフローリングリフォーム

  5. 松本市戸建て住宅無垢フローリング床研磨サンディング再生

    【施工事例】加工不良の杉材フローリングのサンディング再生

  1. 無垢パインフローリング材

    特殊な加工技術でアンティーク間を演出する【無垢フローリングベイ…

  2. 長野市フローリングヘリンボーン張り

    【人気のヘリン―ボン張りがカッコいい】光の当たり具合や見る角度に…

  3. 上越市フローリングリフォーム

    【高いデザイン性】ヴィンテージ感あふれる空間を演出する無垢フロ…