【施工事例】ショールームの無垢材リフォームを例にサンディング工法を解説する

無垢材床フロアサンディング工事

無垢フローリングを削って再生することができるサンディング工法とは?

フローリングをリフォームしようと考えた時に思い浮かぶのは張替えや上張りなどの方法でしょう。
しかし、他にも方法があるんです。
それは表面を削り出す技術です。研磨や、サンディングと呼ばれます。

もし、フローリングが無垢や単板に数ミリの無垢が使われている複合材であれば、張替えや上張りリフォームを選んでしまってはもったないかもしれません。
張替えの動機としては、痛んできた、黒ずんでしまった、隙間が気になりだしたなどがあります。
確かに無垢材も時の経過と共に黒ずんだり、変色したりすることがあります。
ただ、気になるからといって直ぐに張り替えリフォームに決めるのではなく、削りも視野に入れ慎重に検討してみてください。
下記のような思いがあれば、尚更でしょう。

☑無垢材の中でも高価なフローリングを採用している
☑大切にしている床、思い出の床なので、綺麗にしたいけど張替えたくは無い
☑無垢材をリフォームしたいけどんな方法を採用すれば良いのか分からない
他にも、無垢材に対する思いは、様々だと思います。

本日は、都内ショールームの施工事例を元に無垢フローリングを削り出して再生するリフォーム、サンディング工法についてご紹介していきます。

◆無垢材だからこそのリフォームの悩み◆

折角、無垢材で張ったのに加工された新建材フローリングに張替えるリフォームを行っている現場もあります。
もし、お客様が研磨で再生できることを知っていて選んだのであれば問題ありませんが、知らずに選んだとすれば、
ただサンディングといっても、どんな工事を行うのかイメージが付きにくいと思います。
そこで、どのように仕上がっていくのか施工写真を見ていきましょう。

【施工前】

東京都フローリング研磨施工前

これがフローリング研磨施工前の写真になります。
木目や隙間が黒ずんでいるのが分かります。
無垢フローリング材も、工場での表面加工や現場でのコーティングによって、後のダメージが変わってきます。

東京都ショールーム研磨塗装

【サンディング状況】

フローリングサンディング

無垢フロア材サンディング

無垢材フローリング床サンディング

【サンディング施工後】

フロアサンディング施工後

無垢フローリングサンディング仕上がり

★私たちなら、フローリングの様々な施工方法や、多くのフローリング材を取り扱っているので気軽に相談できます★

床工事やフローリングリフォームなら昭和46年創業、豊富な実績と確かな経験のある私たちフローリング専門店・フローリング技能士の株式会社霜鳥にお任せください。
床材の相談、施工についての質問や相談など、まずは、お気軽のお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120-460-461

【お問合せフォーム】はこちら!!

関連記事

  1. フローリング上張り工法について

    フローリング張替えを格安で行う方法とは?床やが解説

  2. 長野市リフォームフロアパナソニック上張り材WPB

    上張り用フローリングの種類WPBとは?

  3. フローリング根太張り上張りのDIYの張り方や方法、注意点

    フローリングを自分で張る方法とは?

  4. 長野市マンションのフローリング張替えリフォーム事例

    長野市マンション床のフローリングリフォーム

  5. 無垢フローリングを使ったリフォーム長野

    プレミアムな無垢材

  6. 長野市畳からフローリングへの工事事例

    長野市K様邸畳フローリング張替えリフォーム