ブログ

上張り用フローリングの種類WPBとは?

長野市リフォームフロアパナソニック上張り材WPB

上張り用フローリングの種類WPBとは?

一概にフローリングといっても、様々な種類があります。
無垢材や複合材がありますが、特徴がそれぞれ違います。
また、プラスチックなどの素材を使いフローリングのような加工した製品もあります。
WPB上張り用フローリングは、フローリング調に加工された上張り用の床材です。

WPBフローリングにはどんな特徴があるのでしょうか?

WPBの意味とフローリングの特徴

WPBとはWood Plastic boardの略称でポリプロピレン樹脂に木の粉末を練りこんでパネル上に整形した建材の一種です。

新しい床材として室内の上張り用フローリングに広く使用されています。
WPB系上張り用フローリングはプラスチック並みの耐久性を有しています。
室内のフローリングは歩く衝撃や家具の重量など傷つきやすいため高い耐久性が求められますが、柔らかい天然木は日常のちょっとした衝撃でも傷がついてしまいますがWPBフローリングはプラスチック並みの耐久性で少々の衝撃では傷つきません。

建材寿命も長いので美しいフローリング面の状態を長期間にわたってキープできます。
基本的な性能がプラスチックに近いWPBは優れた耐水性を発揮します。

水をこぼしても吸収しないのでタオルなどですぐに拭き取れます。
醤油など色のついた液体もシミになることなく美しい状態を保てます。

WPBフローリングのデザインと見た目について

木粉が練りこまれたWPBの見た目は天然木そっくりです。
色調や木目などもエンボス加工と木粉の練り込みにより天然木の自然な風合いを再現しているので、ぱっと見でWPBと天然木を見分けるのは困難なほどの品質です。

防汚性が高いので汚れが付着しにくく、きちんと手入れをすれば美しい状態を簡単に維持できます。
水回りに強いのでキッチンや洗面所などのリフォームに最適です。

WPBは製造段階で見た目を簡単に変えられるのでホワイト系からブラウン系まで自然な風合いを残しつつさまざまなカラーの床材が製造されています。

天然木では不可能な色合いのフローリングもWPBなら自然な風合いを残しつつ違和感なく仕上げられます。
木目調以外にも珊瑚石柄など石材風に仕上げられたものもあります。

WPB系上張り用フローリングの価格は天然木の上張り用フローリングよりも5~10%ほど安めです。
天然木は素材により価格差が大きいので一概には言えませんが、全体的な傾向としてはWPBのほうが安価です。

見た目を基準に比較すると安価な天然木フローリング材は節や木目のばらつきが見られますが、WPBならバラつきがなく品質は均一です。

安価で見た目も耐久性も優れるWPBは上張り用フローリング材として優れたコストパフォーマンスを発揮します。

最後に

いかがだたでしょうか?
フローリングの特徴を知り、使い分けることでいつまでも綺麗な状態を保っていくことが出来ます。
また、仕上がりのデザインが大切なのか、性能が大切なのかでも選び方が違ってきます。

ページ上部へ戻る