ブログ

長野市で床リフォームする前に知っておきたい床材の種類

長野市で床リフォームする前に知っておきたい床材の種類

いざ、床のリフォームを行おうと思った時、どの床材を採用するか悩むかもしれません。
一概に床といっても、様々な床材があり特徴も違います。
多くの場合、住む人のことや、これからの住まい方で選ばれます。
例えば高齢の方がいるような場合であれば、クッション性のある床や車椅子に対応できる床になります。
それでは、どんな床材があり特徴があるのか見ていきましょう。

カーペット

カーペットはフローリングの上に敷くことで、フローリングを傷や汚れから守ることができます。種類や大きさも豊富で、特別な工事も必要ないため、設置や撤去が簡単にでき、リビングや居室などの生活スペースで多く使われています。 メリットは価格が比較的安価で、施工が楽、季節や生活環境の変化で取り換えることが 可能なところです。デメリットは、以下の床材と比較すると、一体感が出しづらく 掃除時は動きやすいなど、いくつかの問題点もあります。しかし、近年では、 床や家具、壁紙の柄にあわせやすいものなどがあり、一人暮らしのアパートやマンションの床を華やかにできます。種類によっては洗濯可能なものもあり、清潔に保つことが出来るのもいいですね。

フローリング

フローリングには無垢材と複合フローリングがあります。一般的な住居の居室に 多く用いられているのは、複合フローリングで、洗面室や居室など幅広く用いられています。
複合フローリングのメリットは、素材や色、価格など商品の種類が豊富で外観や質感など、好みにあわせて選ぶことが出来るところや、 居室の用途にあわせて、耐水性が高められたものや、汚れ・傷などに強いものなど選ぶことができます。 フローリングのデメリットは、耐水性の高いものであれば手入れなどに手間がかかりにくいですが、商品によって良し悪しがあり、一般的な素材であれば、水が染み込みやすい特徴があり、こまめにお手入れをする必要があります。

クッションフロア

クッションフロアは塩化ビニールを用いたシート状の床材です。
最近では色や柄が豊富になり大理石たタイルを模したシートも増え、高級感があるものもあります。
クッションフロアは、表面がビニールなので耐水性に優れ、汚れにくく、いざ汚れても手入れがし易いメリットがあり洗面室やキッチン、トイレなどで用いられることが 多いです。
裏にはクッション材が付いているため、足腰への負担が小さく、施工が比較的容易な為、リフォーム時やDIYでも張り替えることができます。
デメリットとしては、ビニール素材な為、濡れると滑りやすく、小さな子供や 高齢者のいる家庭では、こまめに手入れを行う必要があります。

Pタイル

Pタイルとはプラスチック樹脂を原料とする床材で、30センチ四方のタイルのような板状に加工したものを指します。
特徴として、汚れにくく耐久性、耐水性に優れており、高く摩耗にも強いという点が挙げられます。
人の行き来が多い場所、オフィスや店舗などに疲れることが多く、土足で踏んでも大丈夫な建築床材です。
Pタイルにはコンポジションビニル床タイルとホモジニアスビニル床タイルの2種類があります。コンポジションビニル床タイルは、塩化ビニル樹脂の配合率が30%未満のタイルで硬めです。
一方ホモジニアスビニル床タイルは塩化ビニル樹脂の配合率が30%以上あり、柄や色などのデザインが豊富なのが特徴的です。
また、コンポジションビニル床タイルと比べて柔らかめとなっています。
一戸建ての場合、後者のコンポジションビニル床タイルが使われることが多く、キッチンや洗面所など水回りに使われるのが一般的です。

畳は和室の床に引く床材の一種で、日本独自の文化の中で発展したものです。
その歴史は古く、平安時代には貴族の屋敷で使われていたとされています。
世界に類を見ない日本独自の文化で、日本の家屋では多く用いられている床材です。
地方によって畳のサイズが異なるという特徴があります。
畳は単子葉植物のイグサを編み込んで作られる床材で、縁には帯状の布を縫いつけます。
この縁のことを畳縁と呼び、畳の装飾を担っています。畳を用いる場所は多くあります。
日本家屋ではほとんどすべての部屋が畳で作られており、メインの床材として使用されています。
ただし、植物を編んで作られる床材なので、他の床材と比べて撥水性には弱く、一般的に水回りには使われません。
近年では撥水性のある畳も開発されていますが、洗面所やキッチン、風呂場などには畳は不向きとされています。

長尺シート

長尺シートとはプラスチック製のシートのことを指し、一般的にフローリングの上に仕上げとして使われます。
フローリングは撥水性に富んでいますがそれは長尺シートの特性で、水に強い長尺シートを仕上げに使うことでフローリングに染みを作らず床を汚れにくくしているのです。
また、継ぎ目が目立たず手入れがしやすいので、フローリングの中でも特にキッチンや洗面所、お風呂場などの水回りに使われることが多いです。
一方で熱に弱いというデメリットもあるので、長尺シートを用いる場合は定期的なメンテナンスが必要となります

関連記事

ページ上部へ戻る