ブログ

フローリング重ね張りの費用と工期について

フローリング重ね張りの費用と工期について

フローリング重ね張りの費用と工期について

フローリングリフォームとして広がりを見せる重ね張り工法ですが、実際にその費用と工期はどれくらい掛かるでしょうか?
そして、どんな魅力があるのでしょうか?

フローリングの重ね張りで後悔しないためにも費用と工期、そして割高になってしまう依頼の仕方について理解する必要があります。
それでは、フローリング重ね張り工法の費用と工期についてご紹介していきます。

フローリング重ね張り工法の費用

重ね張り工法の費用が割安な理由は、既存の床を解体しなくて良いことがあげられます。

通常の張替えであれば、下地の状態にもよりますが6畳ほどの解体作業に1人工から2人工ほど掛かってしまいます。
また、解体時に発生した廃材の処分費も少なからず掛かります。

剥がした後には、下地処理をしなければなりません。
下地が平滑でなければフローリングが水平に貼れないためです。
一方の重ね張りについては、これらの作業が必要ありません。

材料にしても、一般的なフローリングと比べ薄く、素材の量が圧倒的に少ないです。
そのため、低価格が実現できるのです。

一昔前と比べ、安く部屋の質を上げることができます。

フローリング重ね張り工法に掛かる時間

前述した通り、解体に掛かる時間や下地調整に掛かる時間が必要ありません。
ただ、既存の床の状態によっては、補修作業が必要です。

また、水平性が失われているのであれば、不陸調整が必要になりかもしれません。
経験、ほとんどの場合、直ぐに貼れる状態です。
重ね張りは、カットがしやすいなど施工性や加工性に優れるため、一般的なフローリングより早く張り終えることができます。

12畳程度であれば1日掛からずに張ることができます。

ただしい工期については、依頼する業者に聞いてください。

施工上には騒音が少なく

このフローリング重ね張り工法、施工時にはほとんど音を出しません。
一般的な張替えの場合、まず解体時の騒音を気にしなければなりません。

また、フローリングを張る時には釘打ちや丸鋸の騒音がでます。
フローリングの重ね張りは、カットがしやすく、釘も使いません。
そのため、騒音を出さずに済みます。
近隣の騒音へ配慮できる工法といえます。

部屋の床が美しく

ローリングリフォームを行えば、床の雰囲気がまるで違うものになります。
低予算で出来る、この重ね張りは、通常のフローリング張替えと比べて1/3程度の価格です。
弊社であれば6畳で約7万円での施工が可能です。
壁紙クロスを含めても、約11万円です。

扉や、他のリフォームを行ったとしても1部屋再生する予算が少なくて済みます。
新しい部屋にしてみてはいかがでしょうか?

割り高になる依頼の仕方

長野市フローリング張替えリフォームの価格帯大手リフォーム会社などに依頼してしまうと、マージンや管理費などが掛かり割高になってしまいます。

あまり知られていませんが、フローリング専門業があります。
フローリング下地工事やフローリング張り工事はフローリング職人が得意としています。

普段からアパートやマンション、そして公共施設などを手掛けています。
フローリング工事に対し手が早く、綺麗に仕上げることができます。

またデザイン張りなどのスキルも持つなど、フローリング技能に対し訓練されています。
リフォームの内容にもよりますが、フローリングリフォームなど内装のみの工事であれば、専門職に依頼することで価格を抑えることができます。

関連記事

ページ上部へ戻る