フローリングのワックス掛けはどうやるのか?ワックスの剥離とは?施工中に注意したいことなど全公開

須坂市床のワックス掛け業者

フローリングのワックス掛けはどうやるのか?ワックスの剥離とは?施工中に注意したいことなど全公開

床材を保護し、長持ちさせるために使われるワックスですが、以外と正しい塗り方や、剥がし方が知られていません。
フローリング材によっては塗布する必要がなかったり、塗っても効果が無いものがあります。
また、施工によって起こりうるトラブルはほとんど知られていません。
もし、ワックス塗る際に塗布量を守らなければどんなトラブルが起こるのでしょうか?
ワックス剥がしを正しい手順で行わないと、どうなるのでしょうか?
本日は、ワックス掛けの正しい手順と剥離の手順、そして施工中に注意しなければならない事をお伝えします。

ワックスがけについて

ワックス掛けについては、メーカーの取り扱い説明書通りに行う必要があります。
塗布量が少なければムラになり、多ければ、乾かずにフローリングを汚してしまったり、目地などから入りフローリングを変形させてしまうことがあります。
また、メンテナンスフリーの床材に塗布してしまうと、密着せず、まだら模様になってしまう事があります。

ワックス掛けの注意点

清掃と乾燥

ワックスがけは、フロアー表面の保護・艶出しを目的に行います。
半年に1度くらいのペースで行うことで美しさを長持ちさせることができます。
塗布する作業の前には、掃除機などでフロアー表面、目地のゴミやホコりを取り除きます。
また、床用洗剤で汚れや油分などを拭き取ります。
その後、水拭きをして床の洗剤分を取り除き、乾燥させます。
目地部もしっかりと乾かすことも忘れないでください。

ワックス塗布

できたら、ワックスを均一に吸い込ませることができる、ワックス用ワイパーなどがあれば良いです。
無い場合には、きれいな雑巾でも代用できます。
したたり落ちない程度に紋って目地にワックスが溜まらないように木目に沿って薄く・ムラなく塗っていきます。
この際、ワックスをフロアー表面に多量にまき散らすと、フロア一目地剖のふくれや床鳴り等の原因となります。

ワックスが完全に乾くまで自然乾燥(60分程度)します。
(ワックスが完全に乾くまでは、上を歩かないでください)

ワックスをかける場合は、天気の良い日を選び、窓を開けて風通しを良くしてください。
(室内温度5℃以下の時や湿度が高い日は避けてください。白化や密着不良などのトラブルの原因となります。)

ワックスの剥離

既存床に塗られたワックスは定期的に取り除かなければなりません。
何層にも塗り重ねられたワックスは、汚れや油、埃などを巻き込み見た目を悪くしてしまいます。

そのため、何回か塗布した後にはワックスはく離を行うように推奨されているワックスがあります。
ただ、古くなればなるほど、床とワックスは強固に密着し、はく離が難しくなります。

ワックスはく離の注意点


ワックスで黒ずんだ床ははく離できれいにすることができますが作業において注意が必要です。

また剥離を行う際に注意するべき点があります。
それは、ワックス剥離の際に、はく離剤と水を使うことです。
フローリング材には、水に弱いものがあります。
ワックス剥離を簡単に言えば、既存のワックスを溶かして取り除いていく作業です。
はく離剤を、まず床面に塗布していきます。
その後にはく離剤と溶けたワックスを水で洗浄しバキュームなどで回収していきます。
ワックスが溶けるまでに時間が掛かるケースがありますが、長ければ長い程、はく離剤や水がまかれた状態が続きます。
もし、フローリングの基材におがくずが固められたMDFだったり、表面に化粧シートが貼られたフローリングであれば水分によって膨らんだり波打つことがあります。
また乾燥してから反り曲がってしまうこともあるんです。
他にも、はく離剤によってフローリングを変色させてしまうこともあります。

ワックス剥離剤を使用する際には、使用上の希釈率を守り、クローゼットの奥など目立たない部分で確認して使用することが望ましいです。試し施工です。
また、洗浄液やワックス剥離剤をフロアー表面に多量にまき散らすと、フロアー目地部のふくれや床鳴り等の原因になります。

最後に

いかがだったでしょうか?
一昔のフローリング材は無垢などで強く、ワックスを多量に掛けたりしても変形などは、あまりありませんでした。
子供たちが、教室や体育館でワックスをドバドバ使っても全然平気な床だったとの思い出もあるのでは?
ただ、今のフローリングはデザイン性や表面などの加工が凄く良くなってきたものの、フローリングの内部の基材などは、コンパネやMDFなどが使われています。
中には、水に弱いフローリングもあるので、ワックス掛けやはく離は慎重に行ってください。
もし、ご自身で行うのが難しそうであれば、専門の業者に相談しましょう。

◆フローリング工事お任せください◆

★私たちなら、フローリングの様々な施工方法や、多くのフローリング材を取り扱っているので気軽に相談できます★

床に対して汚れや傷など気になされていませんか?私たちはフローリングに対して様々なリフォーム工法が可能です。それは扱ってきた床材が多いこと、時代ごとに求められた工法を取り入れてきたことで、戸建て住宅、文教施設、介護施設、商業施設、工場、スポーツ施設、店舗など数多くの施工を請け負ってきました。今となれば、懐かしい施工も行ってきました。湿式フローリングブロックの施工やパーケット材の施工、マーブラックでの床塗装などです。床と共に歩んできた私たちの歴史でもあります。
床工事やフローリングリフォームなら昭和46年創業、豊富な実績と確かな経験がある私たち老舗の床工事専門店・フローリング職人・フローリング1級技能士が在籍している株式会社霜鳥にお任せください。使用床材の相談、傷などリペア補修の相談、床材購入の相談、工事方法のお悩み、床下地の相談、置床・乾式二重床、鋼製床下地、フロアサンディング施工の相談、また施工についての質問や相談など、まずは、お気軽のお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120-460-461

問い合せフォーム

役所名または企業名(個人の場合は未入力)

部署名(個人の場合は未入力)

担当者氏名(必須)

ご住所(必須)

TEL(必須)

FAX

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

関連記事

  1. 千曲市フローリングワックス掛け業者

    【床のトラブルを防ぐ】そのフローリングの痛みや汚れはワックスやお手入れが原因かも?日ごろの清掃で気を付けたい9つこの事

  2. フロアサンディング後の着色塗装ウレタン塗装UV塗装

    無垢材研磨フロアサンディング後に使われる塗料の種類と塗装方法!ウレタン塗装・UV塗装・自然塗料・着色塗装について

  3. 長野市の湿度や温度でフローリングルンバ・ロボット掃除機の使用は大丈夫なのか

    【床のトラブルを防ぐ】貼りたてで新しく綺麗なフローリングの傷を防ぐために配慮したい9つのこと

  4. 長野市フローリング剥離清掃メンテナンス

    【床のトラブルを防ぐ】床張りのプロ職人が解説!フローリングのお手入れ方法とは⁉

  5. 長野市リフォームフロアパナソニック上張り材WPB

    【リフォーム床材】上張り用フローリングの種類WPBとは?

  6. 長野市床暖房フローリング施工業者

    床暖房用フローリングの選び方と、お手入れの仕方とは?

  1. 須坂市無垢フローリング張替え

    無垢フローリングと複合フローリングの違いを図で解説!床材に良く…

  2. 白馬村フローリング張替え

    様々な時代を象徴する多くの建物にも使われてきた無垢フローリング…

  3. 小諸市無垢フローリング張替え施工

    小諸市フローリング張替え施工(根太張り)

  4. 長野市水回り床のリフォームフローリングへの張替え

    水回りの床選びは慎重に!フローリングにするのであれば耐水性や耐…

  5. 上越市フローリング直貼り施工

    初めての床リフォームでも分かりやすい!フローリング張りの施工に…

  1. フロアサンディングの施行事例

    【施工事例】本来の地肌感と優しくきめ細やかな木目が蘇る!無垢単…

  2. 無垢材床フロアサンディング工事

    【施工事例】ショールームの無垢材リフォームを例にサンディング工…

  3. 【施工事例】無垢フローリング施工

  4. 長野無垢アパートフローリング張り施工

    【施工事例】マンション床のフローリングリフォーム

  5. 松本市戸建て住宅無垢フローリング床研磨サンディング再生

    【施工事例】加工不良の杉材フローリングのサンディング再生

  1. 無垢パインフローリング材

    特殊な加工技術でアンティーク間を演出する【無垢フローリングベイ…

  2. 長野市フローリングヘリンボーン張り

    【人気のヘリン―ボン張りがカッコいい】光の当たり具合や見る角度に…

  3. 上越市フローリングリフォーム

    【魅力の床材】ヴィンテージ感あふれる床を演出するパイン無垢材